【副業情報】ドルや逃避先通貨に売り、米中合意やEU離脱を楽観

■内容

11日のニューヨーク外国為替市場では、ドルや逃避先通貨が下落。

貿易協議で米中が部分的な合意に達するとの観測を早い時間から織り込み、午後に合意成立のニュースが流れた際の反応は鈍かった。

ポンドはドルに対し大幅続伸。

・ニューヨーク時間午後3時55分現在、1.8%高の1ポンド=1.2666ドル

・米中で部分合意が成立したとのニュースが詳細を伴わず流れた後、目立った動きはドルが円に対しこの日の高値を試した程度

・中国は来月チリで開かれるAPECサミットに先立ち、中国での貿易協議にライトハイザーUSTR代表とムニューシン財務長官率いる米側交渉団を正式に招待した-CNN

・ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.5%低下。ドルは主要10通貨の大半に対して下げた

・ドル指数は週間ベースでも0.5%低下

・10月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は予想外に上昇、ドル安材料に

・ドルは対円で0.4%高の1ドル=108円42銭

・一時は108円63銭に上昇、8月1日以来の高値をつけた。週間ベースでも上昇

・米国債利回りに連れ高

・ユーロはドルに対して0.4%高の1ユーロ=1.1046ドル

・日中高値は1.1063ドル

・欧州時間の取引

米中閣僚級会合の結果を待つ中、ドルは主要10通貨の大半に対し下落した。

※引用元:「Bloomberg」

■お問い合わせ

掲載内容について、ご質問・ご相談がありましたら、

こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ