【副業情報】ドイツ銀行、約200支店の閉鎖を検討-WiWo

■内容

ドイツ銀行は約200支店の閉鎖を検討していると、独経済誌ウィルトシャフツウォッヘ(WiWo)が同行内部の匿名の関係者を引用して報じた。

同誌によると、閉鎖対象となるのはドイツ銀行およびポストバンクの支店となる見込みだが、大幅な削減が実際に行われるかどうかはまだ決定されていない。

ドイツ銀とポストバンクは近年すでに450余りの国内店舗を閉鎖している。

ドイツ銀はリテール部門で2022年まで14億ユーロ(約1650億円)のコストを削減する計画だが、そのうち6億ユーロは「構造的措置」によって削減するとしている。

詳細は発表していない。

※引用元:「Bloomberg」

■お問い合わせ

掲載内容について、ご質問・ご相談がありましたら、

こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ