【おすすめの本】リッチウーマン

リッチウーマン

■本の目次

・女友達との昼食会

・女友達の話

・私の話

・二十年前、南太平洋の島で

・お金だけの問題ではない

・「そんな時間はない」

・経済的な独立とは?

・「私はそんなに頭がよくないからだめ!」

・短期間で頭を鍛える

・「怖くて動けない」〔ほか〕

■内容紹介(「Amazon」より)

「金持ち父さんシリーズ」ではじめて、女性向けに書かれた投資の本が出ました。

著者は、「金持ち父さん貧乏父さん」を書いたロバート・キヨサキのパートナーであるキム・キヨサキ。

彼女は夫のロバートとともに、いくつものビジネスを立ち上げてきた実業家としてのキャリアがあります。

それだけではなく、自分自身でも不動産投資をしていて、多数の物件を保有しています。

今ではロバートよりも大規模で高額な物件を手がけ、州政府が不動産投資を行なう際にもアドバイスを求められるほどだといいます。

そのキムが自分自身の投資家としての経験と金持ち父さんの教えを重ね合わせて書いたこの本は、これから投資を始めようとする女性に対する、力強い励ましのメッセージです。

内容はドラマ仕立てでとても楽しく読め、投資の大切さが自然に頭に入ってくるようになっています。

ハワイで大学時代を過ごした同級生、パット、レスリー、ジャニス、マーサ、トレーシー、キムの6人の女友達が、20年ぶりにニューヨークで再会するところから話は始まります。

お互いの身の上話に花が咲くうちに、キムは、金持ち父さんの教えと37歳で経済的自由を得たことを話します。

それからは自然にお金と投資についての話で盛り上がり、その後もお互いに連絡を取り合いながら、投資についての勉強が続いてゆきます。

ついには、2日にわたってキムが投資についてのプライベートセミナーを開くことになり、これに参加したパット、レスリー、トレーシーの三人は、それぞれ自分のプランを立てて、経済的自由への旅を歩き始めることを誓い合います。

「投資なんて難しすぎる」「投資なんて怖くてダメ」「やりたいけれど時間がない」「投資のためのお金がない」といった、だれでもがぶつかる障害をひとつひとつ取り除いてくれる、全女性に向けた励ましのメッセージです。

■内容(「BOOK」データベースより)

ドラマ仕立てで楽しく読める、女性向けの投資のすすめ。

■本にご興味がある方

今回は管理人のオススメの本をご紹介しました。

引用元:Amazon「リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門」

中古でよろしければ、下記にBookoffのリンクを貼っておきますので、ご活用ください。

こちら