【おすすめの本】社員ゼロ!会社は「1人」で経営しなさい

社員ゼロ!会社は「1人」で経営しなさい

■本の目次

第1章 これからの日本経済と会社について考えよう

1 日本経済は小さくなっていく

2 会社の成長を追い求めることは正しいのか

3 政情も不安定、何が起こるかわからない

4 大きな会社ほど厳しくなってくる

5 「労働」と「お金」の価値が下がっていく

6 「65歳まで安穏、その後は悠々自適」とはいかない
7 解決策は「1人経営」が増えること

第2章 会社を大きくしてはいけない

1 会社を大きくする弊害

2 これからの時代に合うのは「1人経営」

3 「1人経営」は生産性の向上がしやすい

4 小さいことによるメリットはこんなにある!

5 オフィスや従業員はもういらない

6 外注やスタッフに、どのように仕事をしてもらうか

7 雇われない生き方、雇わない生き方

8 売上の上げ方(営業と集客)

9 ビジネスの範囲(1人でできるビジネスを考える)

10 1人経営の例1「飲食店」

11 1人経営の例2「コンサルタント」

12 1人経営の例3「1人出版社」

第3章 1人会社の「お金」について考える

1 資金繰りを考えなくてもいいようにするのが経営の極意

2 「逆算式経営計画」でお金の不安が解消する(1)

3 「逆算式経営計画」でお金の不安が解消する(2)

4 税金の知識はこれだけわかれば万事OK!

5 公私混同をしないことが経営成功のポイント

6 お金計画シートで目標と実際を比べ、改善していく

7 減らすのが超難しい「固定費」を増やさない

8 毎日コストダウンをしていく

9 コストダウンのコツは「やめること」

10 コストダウンのためのTIPS

11 「年収を減らす」ためにやるべきこと

12 1人会社で残った利益をどうするかは超重要

第4章 1人会社の時間の使い方

1 1人社長の「労働時間」をゼロに近づける

2 仕事は終わらない。ならば時間を区切ってしまう

3 仕事ごとに時間を計測し、生産性を上げる

4 能率がいい時間帯に集中して仕事をし、あとは遊ぶ

5 好きなことに没頭するための時間を天引きする

6 仕事を依頼する場合も、お客さんに対しても「生産性」を求める

7 「仕事をどんどん速くしていくゲーム」を楽しむ

8 「無用の用」のための時間を確保する

第5章 1人会社をずっと継続させていくには(まとめ)

1 1人会社を永遠につぶさない方法

2 1人会社でやってはいけないこと

3 規模拡大の罠にはまらず、1人でやっていく

4 「家計の純資産プラス」と「無形資産∞」をキープしていく

5 一番大事な「健康」を維持するためにはどうするか?

6 ビジネスをどんどん変えていく

7 「お金」「仕事」は割とどうでもいいと考える

■内容紹介(「Amazon」より)

小さな会社の経営者、これから起業をしようと考えている方に必読の書。

これまでの常識なら、創業者は会社をつくるとき、会社を大きくすることを目標としていました。

しかし、これからは違うと断言できます。

人口減少に伴い、消費が減り、経済規模がこれからも小さくなっていく時代です。

右肩上がりの計画を立て、たくさんの従業員を雇い、どんどん大きくしていくということは難しいでしょう。

だからこそ、一人でできることをやり、地道に稼いでいくというのがいい方法なのです。

当然、これまで存続してきた大企業も売り上げが減り、人を減らさざるを得なくなります。

このような時代において、大企業からあふれた人は自分の力で食べていくしかありません。

本書の著者は、税理士・経営コンサルタントとして、ずっと極小会社(ひとり又は2、3人でやっている会社)のことを研究し、実際に税理士業で携わり、自らも1人会社を10年以上運営してきました。

その中で、「一人で経営していく場合の必勝法」を編み出したのです。

本書ではその必勝法を余すところなく公開しています

会社を大きくせずに、一人で経営することのメリットがわかり、ムリのないや先を見通した経営計画の立て方と心得を説きます。

■内容(「BOOK」データベースより)

「小さい会社」の時代が到来。正社員はいらない!「大きくしない」「小さくする」が正解!すでに独立している人も、これから起業する人も必読。

■本にご興味がある方

今回は管理人のオススメの本をご紹介しました。

引用元:Amazon「社員ゼロ! 会社は「1人」で経営しなさい (アスカビジネス)」

中古でよろしければ、下記にBookoffのリンクを貼っておきますので、ご活用ください。

こちら