【おすすめの本】金持ち父さん貧乏父さん 改訂版

金持ち父さん貧乏父さん 改訂版

■本の目次

・教えの書―金持ち父さんの六つの教え(金持ちはお金のためには働かない

・お金の流れの読み方を学ぶ

・自分のビジネスを持つ

・会社を作って節税する

・金持ちはお金を作り出す

・お金のためでなく学ぶために働く)

・実践の書(まず五つの障害を乗り越えよう

・スタートを切るための十のステップ

・具体的な行動を始めるためのヒント)

■内容紹介(「Amazon」より)

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。

変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれ続けるベスト&ロングセラー、待望の改訂版。

【最初に読むべき「お金」の基本図書】

毎年多くの「お金」に関する本が出版され,書店に並び、そして消えていきます。

そんな状況の中で、「金持ち父さんシリーズ」は刊行から13年経った今でも変わらず多くの支持を得ています。

その第1作目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、時代が変わっても古びない原理原則を示す「お金」の基本図書。

「目からウロコの連続でした! 」という声が絶えず寄せられ、これまで数多の人々の「お金観」を変えてきました。

現在は日本やアメリカのみならず51ヶ国語に翻訳され、109ヶ国で読まれています。

■出版社のコメント

なぜ、今改訂なのか。それには重要な理由があります。

【激動の時代を乗り切る手段として】

一流大学を卒業すれば一流企業に就職できて、一生安泰の良い人生。

そんな時代はもう終わりました。

「年功序列」「終身雇用」の神話が崩れ去っただけでなく、正社員として一生懸命働いても、生活に困る暮らしを強いられる人が現在急増しています。

つまり、会社に属してただ働くだけでは生きていけない、そんな時代に突入しているのです。

格差を社会や組織のせいにするのではなく、ファイナンシャル・リテラシーを身につけることで、時代を乗り切ることが求められています。

激動の時代だからこそ、金持ち父さんの教え=お金を動かして人生を幸福に過ごすための哲学が必要です。

それを知っていれば、人生の選択肢が大いに広がっていくからです。

【若い人がより希望を持って生きていくために】

20代の若い人たちは、バブル崩壊とともに誕生し、もはや経済成長を期待できないなかで大人になった世代です。

そして現在、過去に類を見ない就職難に苦しんでいます。

就職できたとしてもブラック企業での就労で疲弊し、心身に不調をきたす…など、未来に「希望」を持てない状況が続いています。

そんな状況から脱し、厳しさを増した時代においてもよりよい人生を生きていくためには、金持ち父さんのような会社でお金のために働く「以外」の考え方が必要です。

実は本書の読者の約半分が20代。

近年では、若きオピニオンリーダー木暮太一さんに「しんどい働き方から抜け出し、自由な人生を送るためのヒントをこの本から学びました」と『金持ち父さん 貧乏父さん』を紹介して頂きました。

「自らの力で生きていくためのバイブル」として本書はますます必要とされています。

しかしそれを、学校や周囲の大人は教えてくれません。

だからこそ「金持ち父さんの教え」を今一度手に取り、物質的にも心的にも人生を楽しむ余裕を手に入れてほしいのです。

【時代にフィットした内容を加筆、さらに読みやすく】

刊行から13年。

当時と今の状況は大きく変化しています。

具体的には、アメリカではサブプライムローン問題が噴出し、さらに全世界を巻き込むリーマン・ショックが起こりました。

今回の改訂では、最新の状況により適した内容を加筆修正。

また綿密に文章を見直し本当に必要な部分だけを抽出することで、教えの軸となる考え方をよりわかりやすく説明しています。

1度読んだ方にも再読の価値がある本に仕上がっています。

■内容(「BOOK」データベースより)

この本は…金持ちになるためにはたくさん稼ぐ必要があるという「神話」をくつがえす。持ち家が資産だという「信仰」を揺るがす。

資産と負債の違いをはっきりさせる。

お金について教えるのに、学校教育があてにできないことを親にわからせる。

そして、お金について子供たちに何を教えたらいいかを教えてくれる。

■本にご興味がある方

今回は管理人のオススメの本をご紹介しました。

引用元:Amazon「改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)」

中古購入でよろしければ、下記にBookoffのリンクを貼っておきますので、ご活用ください。

こちら