【SEになるには】プログラミング経験は必要!?

「SEに興味があってSEになるにはどうすればよいのか知りたい。SEにプログラミング経験が必要なのか知りたい。」

このような要望に答えます。


■目的

SEになるために役立つ情報、SEにプログラミング経験が必要なのか知ることができます。


■目次

①【SEになるには】プログラミング経験は必要!?

①ー1 プログラミング経験は必要か

②【SEになるには】プログラミング経験が必要なケース

②ー1 ケース①要件定義漏れを見つける

②ー2 ケース②システム開発の実装工数を図る

②ー3 ケース③テストパターンを考える

②ー4 ケース④システム開発の外注先にツッコむ

③【SEになるには】プログラミング経験が必要ないケース

③ー1 ケース①WEBサイトを立ち上げる


■掲載内容の信頼性

TORATOBIの運営者プロフィールはこちらをご覧ください。


■みなさんへのメッセージ

SEに興味があってSEになるにはどうすればよいのか知りたい。SEにプログラミング経験が必要なのか知りたい方に向けて書いています。

この記事を読むことで、SEになるために役立つ情報、SEにプログラミング経験が必要なのか知ることができます。

それでは、さっそく解説します。


①【SEになるには】プログラミング経験は必要!?

①ー1 プログラミング経験は必要か

システム開発の要件定義、実装、テストなど各工程でプログラミング経験を活用できます。

プログラミング経験があれば、過去の開発経験から要件定義の仕様漏れを見つけやすくなります。

またSE自らがプログラミングする場合は、過去のプログラミング経験からどのくらい工数がかかるのか目安をつけやすくなります。

テストする場合にも過去のプログラミング経験からバグが発生しやすいパターンを考慮することができます。

外部の開発会社に外注する時にもプログラミング経験を活用してツッコむことができます。

SEのプログラミング経験はあらゆるケースで活用できるため、必要と言えます。(ただし必須ではない)


②【SEになるには】プログラミング経験が必要なケース

②ー1 ケース①要件定義漏れを見つける

プログラミング経験があれば、システム開発の細かい仕様漏れを発見できます。

システム開発の要件定義では、細かい仕様漏れが発生しやすいです。

プログラミング経験があればプログラマー視点で要件定義をすることができるため、事前に細かい仕様漏れに気付きやすくなります。

システム開発では、要件定義など初期段階で仕様漏れに気付かないとリリース前の受け入れテストで仕様調整をすることがあります。

このようなトラブルを未然に防ぐためにも、プログラミング経験を活用して事前に要件定義で仕様漏れを見つけたいところです。


②ー2 ケース②システム開発の実装工数を図る

プログラミング経験があれば、実装工数をある程度把握できます。

過去にプログラミングした機能と類似する機能を開発する時、これから発生しうる工数をある程度把握することができます。

過去のプログラミング経験から実装工数を図れば、ある程度精度のある工数を提示することができ、余裕のあるスケジュールを組むこともできます。


②ー3 ケース③テストパターンを考える

プログラミング経験があれば、バグが発生しやすいパターンのテストをできます。

プログラミングでは、実装時のバグに遭遇してバグ修正のためプログラムを直すことが多々あります。

このような経験を活用して、システム開発のテストにおけるテストパターンを作成することができます。

テスト仕様書を作成する時に、バグが発生しそうなテスト手順を考えたり、バグが起きやすいロジックを集中してテストするなど、システムの品質を担保するために過去のプログラミング経験を活用することができます。

このようなプログラミング経験から作られるテスト仕様書は、マニアックなテストパターンもあるものの、非常に有益なテストを行うことができます。


②ー4 ケース④システム開発の外注先にツッコむ

プログラミング経験があれば、システム開発の外注先が提示する情報を指摘できます。

システム開発を外部の会社に委託する場合、外注先が提示するシステム開発のスケジュール感や工数の妥当性を確認することがあります。

過去のプログラミング経験を活用することで、外注先が提示するシステム開発のスケジュールをチェックして、それが余裕のないスケジュールなのかどうか、ツッコむこともできます。

開発工数が多すぎないかなど、外注先の提示する情報をプログラマー目線でチェックすることもできます。


③【SEになるには】プログラミング経験が必要ないケース

③ー1 ケース①WEBサイトを立ち上げる

プログラミング経験がなくても、ワードプレスを使えば手軽にWEBサイトを立ち上げることができます

ワードプレスも完璧ではないため、操作手順を誤ればプログラムを壊してしまったり、余計なプログラミングの記載が増えることがあります。

このような場合に、プログラミング経験(特にHTMLやCSS)があれば、問題を解決しやすいです。

もしプログラミング経験がなくても、ググってHTMLやCSSの書き方を活用できれば充分。

このWEBサイト作成のように、必ずしもプログラミングが必要ないケースもあります。