【SEの実態】うつ病になりやすい!?

「SEに興味があってSEの実態を知りたい。SEはうつ病になりやすいのか知りたい。」

このような要望に答えます。


■目的

SEの実態として、SEはうつ病になりやすいのか知ることができます。


■目次

①【SEの実態】SEはうつ病になりやすい!?

①ー1 うつ病とは

②【SEの実態】SEがうつ病になった現場

②ー1 うつ病になった背景

②ー2 うつ病と判明したタイミング

②ー3 うつ病と判明した後の対応

②ー4 うつ病の再発防止策

②ー5 うつ病から学んだこと


■掲載内容の信頼性

TORATOBIの運営者プロフィールはこちらをご覧ください。


■みなさんへのメッセージ

SEに興味があってSEの実態を知りたい。SEはうつ病になりやすいのか知りたい方に向けて書いています。

この記事を読むことで、SEの実態として、SEはうつ病になりやすいのか知ることができます。

今回は知人の体験談をもとに解説します。

それでは、さっそく解説します。


①【SEの実態】SEはうつ病になりやすい!?

①ー1 うつ病とは

何も感じない無気力状態です。

個人差がありますが、最初は胃がキリキリ痛むようですが、この状態が長期化するとノイローゼのようになって「うつ病」になります。

ある日を境に、突然うつ病になるようです。

うつ病になってしまうと完全な無気力状態となり、ただ時間だけが過ぎ去っていく状況となります。


②【SEの実態】SEがうつ病になった現場

②ー1 うつ病になった背景

知人の場合、上司や現場のプレッシャーによるストレスが長期化してうつ病が発症しました。

知人の場合は職場の人と性格の相性が悪かったり、スケジュールのきつい仕事でプレッシャーを感じたり、継続的に大きなストレスがかかっていたようです。

最初は胃がキリキリと痛む状態が続き、数週間は耐えたようです。

しかし、ある日を境にうつ病が発症して会社を休みようになりました。


②ー2 うつ病と判明したタイミング

精神系の病院で診断を受けたことで、うつ病と確定しました。

知人は無気力状態になってから会社を休み続けたものの症状が治らず、病院で診断を受けました。

医師の客観的な意見を知りたく受診したようで、診断の結果、うつ病と判明しました。


②ー3 うつ病と判明した後の対応

ストレスを感じない場所に身を置いて何も考えずゆっくり過ごします。

知人は医師から処方をうけましたが、薬を使うことを最低限に抑えました。

そして、ストレスを感じない場所に身を置き、ただ時間が過ぎ去るのをゆっくりと感じて数日を過ごしました。

この状態に慣れてくると、無理しない範囲で自分が好きなことを始めたそうです。

すると、時間の経過とともに、少しずつ無気力状態が回復しました。

知人の場合、無気力状態がなくなるまで数週間かかりました。


②ー4 うつ病の再発防止策

胃がキリキリ痛むようなストレスを感じる場所に身を置かないことです。

少しでもストレスを感じたら、その環境から逃げます。

うつ病が回復した当初はストレス耐性が低く、少しでもストレスを感じると胃がキリキリと痛むようです。

知人は時間の経過で自分のストレス耐性がついてくるまで無理はしないことを徹底しました。

そして、うつ病の背景である大きなストレスを継続的にうけないよう、胃がキリキリ痛むようなストレスを感じる場所に身を置かないようにしています。


②ー5 うつ病から学んだこと

ストレスに対して無理をしないで逃げる選択肢をもつことです。

知人はうまくストレスと付き合っていくために、無理をしないことを学びました。

ストレス社会の現代だからこそ、自分のマインドが壊れてしまう前に、逃げる選択肢をとる。

これがうつ病を通して学んだことのようです。