【副業情報】日本経済はオワコン!経済的自立の第一歩とは!

「経済的に自立したいけれど、日本国内でこれからどうすれば良いのか知りたい。」

このような質問に答えます。

■目的

日本国内で経済的に自立するための第一歩を知ることができます。

■目次

■掲載内容の信頼性

当サイトの運営者プロフィールはこちらをご覧ください。

詳細を見る

■みなさんへのメッセージ

経済的に自立したいけれど、日本国内でこれからどうすれば良いのか知りたい方に向けて書いています。

この記事を読むことで、日本国内で経済的に自立するための第一歩を知ることができます。

それでは、さっそく解説します。

①日本経済はオワコン

①ー1 日本経済はオワコン

日本経済はすでにオワコンですが、これから「人口減」と「増税」でオワコンが加速します。

まず、最初に一言。

「みなさんを不安にさせたいわけではありません。」

しかし、日本国内にいる人は、現状を知って今後の対策を考えなければならない、と思っています。

日本のこれから起こりうるイベントは、「人口減」と「増税」です。

人口(若者層)が減ると、年金制度で若者の負担が増えて、高齢者は年金支給開始の延長や支給額の引き下げなどメリットが減っていきます。

日本の国は運営がお粗末なため、消費税をはじめとする税金が今後も増え続けることは間違いありません。

その結果、国民の生活の支出がますます増えていきます。

当サイトとしては、日本は豊かな国ではなく衰退国である、という見解です。

これからは日本国内だけを見ないで世界規模の広い視野を持ち、どこでも通用するスキルを身につけることが大切と考えます。

①ー2 日本経済がオワコンならこれからどうする?

自分がやりたいこと、学びたいことに着目しましょう。

これから日本で起こりうる人口減と増税という暗いニュースの中で

「これから何をしていこうか。」

と、考える人も少なくはないと思います。

今はまだ何をするか明確に決まっていないかもしれませんが、問題ありません。

「やりたいことは何なのか。」

「それを実現するために何を学ばないといけないのか。」

そこに着目します。

・やりたいことを見つける

・学びたいことを見つける

・勉強する

・あわせてスキルアップする

これをセットで行動することが大事と考えます。

ズバリ、みなさんにとって「やりたいこと」「学びたいこと」は何でしょうか?

①ー3 【参考】日本国内のエンジニアの供給不足

スキルアップのために、数十万も払ってスクールで学ぶ必要はない、です。

2020年現在、エンジニアの供給不足と言われています。

実際、私(エンジニア歴10年)が携わる案件でも、すでに人手不足が目立つ現場が多々あります。

今後もAIや各種システム開発の仕事が増えることも間違いない、と思っています。

こういった背景の中、「手に職を」と何かスキル身につけるためにエンジニアになろうとする人がいます。

現状をより良い環境にするため、スキルアップをしたい気持ちは充分わかります。

そこで、私の意見としては、

「スキルアップのために、数十万もスクールにかけなくても学ぶ機会はたくさんある。」

です。

勿論、時間をお金で買う考えもあると思います。

が、それに見合うだけの価値を感じない、という見解です。

「これからエンジニアがたくさん生まれつつある中で、全員が同じ学び方をして、どうやって差別化できるのか?」

エンジニアを目指す人は、この答えが出ない以上、これから大量生産されるエンジニアの1人として埋もれてしまいます。

需要と供給のバランス。

同じクオリティの人材が大量生産される社会。

差別化という生存戦略。

しっかりと今後の対策(差別化)は考えていきたい次第です。