【単体テストの考え方】網羅性を考えよう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・網羅性とは何か?

・どこまでテストするのか?

・網羅性を提案できる人になろう


網羅性とは何か?

check

網羅性とはテストパターンの組み合わせです。

網羅性は大きく、

・命令網羅

・条件網羅

・複合条件網羅

があります。

(ここで一度、各キーワードをググッてみましょう)

プログラミングしたシステムをテストする時は、どの網羅を使うかが重要です。


どこまでテストするのか?

check

テストの網羅性は、PJの方針によって決まります。

網羅性は、PJによって様々です。

スケジュールを優先して簡単な網羅でテストしたり。

品質を優先して複雑な網羅までテストしたり。

PJの状況によって変わります。


網羅性を提案できる人になろう

check

自分の考えをもってテストの網羅性を提案しましょう。

まずは、自分でテストの網羅性を考える。

そして、周りの人に提案してみましょう。

自分のシステム品質に対する考え方が伝わり、採用されればテストパターンをつくる側になることができます。