【プログラミングの考え方】プログラムを読む力が大事

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・なぜ、プログラムを読む力が大事なのか?

・プログラムを読む力と書く力の優先順位とは?

・プログラムを読む力を鍛えよう


なぜ、プログラムを読む力が大事なのか?

check

プログラミングで実装する時に、修正範囲を把握するためです。

プログラムを読むには、プログラムの処理の流れを追うことが大事です。

処理の流れを理解しないと、現行のシステムの動きや、プログラムの修正箇所が分かりません。

プログラムを読む時は、まずは大枠の処理を理解して、そのあと細かい処理を理解しましょう。


プログラムを読む力と書く力の優先順位とは?

check

プログラムを読む力の方が優先的と考えます。

どんなに書く力があっても、プログラムを読めないと現行のシステム仕様を理解したり、修正範囲を把握することができません。

プログラムの書き方は、現行のプログラム処理をコピペしたり、ググれば何とかなります。

個人的な見解としては、プログラムを読む力の方が優先的と思います。


プログラムを読む力を鍛えよう

check

現行のシステムのプログラムを読んでみましょう。

まずは実践です。

プログラムを読んでみましょう。

参考書は不要です。

プログラムで分からないことがあれば、ググって調べれば良いのです。

プログラムを読む→分からないところはググる→プログラムを読む・・・を繰り返せば、おのずとプログラムを読む力が鍛えられます。