【詳細設計の考え方】プログラミングできるレベルまで書き出そう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・詳細設計とは何か?

・どのくらい細かく設計するのか?

・ExcelやWordの使用頻度とは?


詳細設計とは何か?

check

システムの内部処理(プログラム処理)を設計書に書き出します。

詳細設計では、基本設計よりも細かいプログラム処理のレベルで定義します。


どのくらい細かく設計するのか?

check

プログラマーが詳細設計を見ればプログラミングできるくらい、細かく設計します。

詳細設計では、条件分岐やデータの持ち方、エラーメッセージなど細かく定義します。

プログラマーが詳細設計を見てプログラミングする時に不明点があれば、設計漏れ(要件定義漏れ)の可能性があります。

要件定義や基本設計などで確認をしましょう。


ExcelやWordの使用頻度とは?

check

設計書はExcelやWordで作成するので、たくさん使います。

基本的なExcelやWordの使い方ができれば問題ありません。