【要件定義の考え方】要件定義するにはプログラミング経験は必須スキル

自己紹介

フリーランスのシステムエンジニア

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


みなさんへメッセージ

大手企業や中小企業で要件定義をしてきた経験者として、これまでの失敗経験を踏まえ、改善提案(アドバイスや考え方)を掲載します。

これから要件定義を始める人。

既に要件定義をしている人。

このようなエンジニアに役立てば幸いです。


目次

・なぜ、プログラミング経験を積むのか?

・どうやって、プログラミング経験を活かすのか?

・プログラミング経験を積もう


なぜ、プログラミング経験を積むのか?

check

要件定義にて、実装の影響範囲や工数を把握するためです。

要件定義では、プログラマーの視点も重要です。

システムの仕様を実現するために、

・どのくらい実装の範囲が広いのか

・どのくらい時間が必要なのか

といった情報をまとめます。

想像以上に影響範囲が広かったり、時間がかかるようですと、クライアントへ調整依頼をすることもあります。

また、プログラマーの視点があれば、要件定義漏れ(実装時の不明点)を見つけることもできます。


どうやって、プログラミング経験を活かすのか?

check

要件定義で活かせるケースは、

・実装の影響範囲を把握すること

・実装にかかる時間を把握すること

・現行のシステムの仕様(プログラムの処理)を把握すること

など、です。

要件定義では、クライアントからシステム仕様に関する質問を受けることもあります。

また、要件定義でクライアントに実装時の懸念点をシェアすることもあります。

このようなケースは、システムの内部ロジックに詳しい人でないと、答えられません。

プログラミング経験者であれば、システムの内部ロジックを解析することができ、クライアントを納得させる答えを出すことができます。


プログラミング経験を積もう

check

要件定義でプログラミング経験を活かせる場面はたくさんあります。

プログラミング経験があれば、要件定義で、細かいシステムの仕様決めや考慮漏れを見つけることができます。

発注側になれば、受注側が提示する工数に対してツッコムこともできます。

プログラミング経験はメリットがあるため、要件定義をする前に、プログラミング経験を積むことをおすすめします。


最後に

今回、要件定義に関する現場レベルの情報を掲載しました。

「良かったな」と思う点があれば、みなさんの現場でも活用してください。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。