【要件定義の考え方】要件定義漏れを防ぐために課題一覧は必須

自己紹介

フリーランスのシステムエンジニア

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


みなさんへメッセージ

大手企業や中小企業で要件定義をしてきた経験者として、これまでの失敗経験を踏まえ、改善提案(アドバイスや考え方)を掲載します。

これから要件定義を始める人。

既に要件定義をしている人。

このようなエンジニアに役立てば幸いです。


目次

・なぜ、課題一覧をつくるのか?

・課題一覧に何を書くのか?

・どうやって、課題一覧を使うのか?


なぜ、課題一覧をつくるのか?

check

要件定義漏れを防ぐためです。

要件定義では、発注側と受注側の認識漏れで、しれっと機能が実装されることがあります。

要件定義→設計→実装→テストと進み、テスト時になって気付くケースもあります。

その場合、しれっと実装された機能について双方で打ち合わせしたり、修正したり、再テストしたり、余分な工数がかさみます。

システム開発のスケジュールを圧迫することもあります。

このようなことを防ぐために課題一覧は必要です。


課題一覧に何を書くのか?

check

要件定義の疑問点を書きます。

発注側と受注側で、システムの仕様について質問を書きます。

課題一覧は、

・いつまでに

・誰が

・何を決めるか

・確認結果はどうだったか

があれば充分です。


どうやって、課題一覧を使うのか?

check

課題一覧は、いつまでに誰が何を決めないといけないか、を把握して使います。

要件定義は、システム開発のスケジュールに沿って進みます。

いつまでに誰が何を決めるか、が大きなポイントです。

課題一覧を使って、一つ一つの課題を解決していきましょう。


最後に

今回、要件定義に関する現場レベルの情報を掲載しました。

「良かったな」と思う点があれば、みなさんの現場でも活用してください。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。