【その他業務知識】テスターは1回やれば充分

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・なぜ、テスターは1回やれば充分?

・テスト系でスキルアップできることは何か?

・基本情報処理試験の本に目を通そう


なぜ、テスターは1回やれば充分?

check

テスターはスキルアップはしないので、一度経験すれば充分です。

テスターは、テスト手順書(マニュアル)に従って、システムをテストします。

テスト結果や手順書の書き方の不備を整理して、周囲に伝えます。

このようにスキルアップしづらいため、テスターは一度経験するだけで充分と言えます。


テスト系でスキルアップできることは何か?

check

テスト手順書を作成する側になれば、

・テストパターンの作成(プログラムを理解してエラー発生させるテストを考える等)

・テストデータの準備(データベースの知見がつく)

など、スキルアップできる部分があります。

テストをする側ではなく、テストしてもらう側になることが大事です。

テストをする側(テスター)は、正直、誰でもできるレベルの仕事です。

一方、テストをしてもらう側は、プログラムやデータベースなどの知見が必要です。

ある程度の条件を満たす人しかできないため、価値のある仕事と言えます。


基本情報処理試験の本に目を通そう

check

テスト手順書を作成する場合、

・網羅性

・境界値

といった、テストパターンに関する知見を活用します。

基本情報処理試験では、このような知見がいくつか含まれています。

立ち読みレベルで良いので、一度目を通しておくことが大事です。

どのような考え方があるのか知るだけで、今後のキャリアの可能性が広がります。