【基本設計の考え方】システムの大枠を定義しよう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・基本設計とは何か?

・基本設計の「システムの大枠」とは何か?

・ExcelやWordの使用頻度とは?


基本設計とは何か?

check

基本設計では、システムの大枠の定義を行います。

システム開発の設計工程では、

・基本設計(システムの大枠を定義)

・詳細設計(プログラミングできるほど細かいレベルまで定義)

を行います。

基本設計では、システム開発の要件定義(システムの仕様を定義)で決まった内容を設計書に書き起こします。

基本設計を行うと、要件定義で気付かなかった細かい要件や仕様が見つかることもあります。


基本設計の「システムの大枠」とは何か?

check

基本設計では、

・システムの画面定義(どのような画面デザインでどのような項目があるのか)

・システムの機能定義(どのような機能があるのか)

・システムのデータ定義(どのようなデータを保管するのか)

といった、システムの大枠を定義します。

基本設計はシステムの大枠を決めるので、プログラミングレベルの細かい内容は詳細設計に任せるのが基本です。

ただし、基本設計のみ行ったり、詳細設計のみ行うPJもあるので、状況にあわせて対応しましょう。


ExcelやWordの使用頻度とは?

check

基本設計では、ExcelやWordをたくさん使います。

というより、ExcelやWordしか使わないと言っても過言ではありません。

慣れていない人でも、設計が終われば慣れてしまうくらい、がっつり使います。