【その他業務知識】自分の考えをもって自分から提案をしよう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・現場で具体的に提案する内容とは何か?

・なぜ、自分の考えで提案した方が良いのか?

・提案して他のエンジニアと差別化をはかろう


現場で具体的に提案する内容とは何か?

check

主に、

・作業方針や改善点の提案

・システム仕様に関する提案

です。

まず言えることは、「言われた通りに作業するだけのエンジニア」ではダメだということです。

自分で考え、改善できるもの提案できるものは、自分から発言することが大事です。


なぜ、自分の考えで提案した方が良いのか?

check

・クライアントの要望がなく、誰かが動かないと仕事が進まない

・単純に自分の考えが通りやすい

・現場に改善点がたくさんある

など、状況は様々です。

このような状況になった場合は、「自分の意見をだしたもの勝ち」です。

勿論、全ての意見が採用される訳ではありません。

しかし、誰も意見を出さない中で自分の意見をだせば、おのずと意見が通りやすくなります。

受注側でも自分の考えを出せば、システム仕様として決まることもあります。

自分の意見をだして提案することは、それほど価値があります。


提案して他のエンジニアと差別化をはかろう

check

自分の価値をあげるため、提案を積極的に行いましょう。

現場では、言われたことしか作業しないエンジニアもいれば、プラスαで積極的に提案するエンジニアもいます。

自分がPJの管理者やリーダーである場合、どちらのエンジニアと一緒に仕事した方が良い成果を出せるでしょうか。

何も意見ができない現場よりも、活発に意見を出し合う現場の方が、良いアイデアや効率的な仕事につながります。

このような貢献をする意味合いで、自分の考えを提案できるエンジニアには大きな価値があると思います。