【要件定義の考え方】要件を決める人にスケジュールを厳守させないと失敗する

自己紹介

フリーランスのシステムエンジニア

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


みなさんへメッセージ

大手企業や中小企業で要件定義をしてきた経験者として、これまでの失敗経験を踏まえ、改善提案(アドバイスや考え方)を掲載します。

これから要件定義を始める人。

既に要件定義をしている人。

このようなエンジニアに役立てば幸いです。


目次

・なぜ、要件定義のスケジュールを厳守させるのか?

・どうやって、要件定義のスケジュールを厳守させるのか?

・要件定義のスケジュールを厳守しよう


なぜ、要件定義のスケジュールを厳守させるのか?

check

システム開発のリリースに影響するためです。

要件定義の遅れ→設計遅れ→実装遅れ→・・・と全体のスケジュールに影響します。

要件定義は、システム開発のスタート地点であり、全体の作業ボリュームを決めるにあたり、非常に重要な工程です。

この要件定義が遅れるということは、それ以降の工程が遅れることを意味します。

そのため、要件定義のスケジュールが遅れるのは避ける必要があります。


どうやって、要件定義のスケジュールを厳守させるのか?

check

要件を決める人に、課題一覧を使って「××までに要件を決めないとリリースが遅れる」とプレッシャーをかけます。

要件定義では課題一覧を作成して、誰がいつまでに何を決めないといけないのか、明確にすることが大切です。

課題一覧については、こちらを参照

要件を決める人に、課題一覧を投げて、スケジュール厳守で要件を決めていきましょう。


要件定義のスケジュールを厳守しよう

check

システム開発の発注側と受注側が協力して、要件定義のスケジュールを厳守しましょう。

先に述べた通り、要件定義はシステム開発のスタート地点です。

システム開発の全体スケジュールに沿って仕事を完了させるべく、要件定義からスケジュール厳守で進めていきましょう。

(システム開発の発注側と受注側で協力して進める体制があると、コミュニケーションも捗りるのでベストな状態です)


最後に

今回、要件定義に関する現場レベルの情報を掲載しました。

「良かったな」と思う点があれば、みなさんの現場でも活用してください。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。