【転職の準備】エンジニア未経験者の転職はIT企業の選定に気をつけよう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・なぜIT企業の選定に気をつけるのか

・どうやってIT企業を選定するのか

・面談に向けて準備を進めよう


なぜIT企業の選定に気をつけるのか

check

入社後すぐに開発経験を積めないIT企業が多く存在するからです。

入社後にテスターやインフラエンジニアの仕事をすると、システムエンジニアのデビューが遅くなります。

システムエンジニアのキャリアの基本は「開発経験」です。

開発経験があるからこそ、システムの設計や要件定義(上流工程と言います)ができます。

世の中のIT企業では、入社後にテスター(テストのみ行う人)やインフラエンジニアになるケースが多いです。

テスターやインフラエンジニアも必要な仕事です。

しかし、この仕事を行っても、システムエンジニアの開発経験を積むことはできません。

そのため、エンジニア未経験者の転職では、入社後すぐに開発経験を積めるIT企業を選定する必要があります。

勿論、システム開発の経験を積むと、フリーランスエンジニアの道も開けてきます。

フリーランスにおける開発経験の重要性については、こちらを参照


どうやってIT企業を選定するのか

check

IT企業に応募する前に、入社後にすぐに開発経験を積めるのか事前確認しておきましょう。

転職の面談時に質問するようでは遅いです。

IT企業に応募する前に確認が必要です。

入社後にすぐに開発経験を積める企業であれば、そのまま応募。

入社後にテスターやインフラエンジニアなど開発経験を積むのが遅くなる企業であれば、辞退。

この判断でIT企業の選定を進めましょう。


面談に向けて準備を進めよう

check

自分という人間を明確に説明できるように、ストーリーを組み立てましょう。

ストーリーの組み立て方はこちらを参照