【エンジニアとは】現役エンジニアから見たプログラミングスクールの闇

自己紹介

フリーランスのシステムエンジニア

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


みなさんへメッセージ

大手企業や中小企業でシステムエンジニアをしてきた経験者として、これまでの知見を踏まえ、「エンジニア」に関する情報を掲載します。

これからエンジニアを目指す人。

最近エンジニアになったばかりの人。

このようなエンジニアの卵の人に役立てば幸いです。


目次

・スクールと現場は根本的に違う

・スクール卒業生の結末とは

・システムエンジニアを目指すならスクールに通う価値はない


スクールと現場は根本的に違う

check

一例として、

・現場のプログラムは基本的に読みづらい

・現場の作業の内、プログラミング作業はほんの一部

(実はプログラミングより大事なことが多い)

が挙げられます。

現場のプログラムは、スクールの教材みたいに生易しいものではありません。

前任者が作り上げたケースがほとんどで、プログラムを読み解く力が非常に必要です。

スクールに通っても、システムエンジニアの仕事としては学べることはほんの一部です。

過去記事の通り、システムエンジニアはプログラミングだけが仕事ではありません。

システムエンジニアの仕事については、こちらを参照

システムエンジニアはプログラミングより学ばないといけない大事なことが沢山あります。


スクール卒業生の結末とは

check

・スクールでプログラミングしか学ばない

⬇︎

・現場の作業はほとんどできない

⬇︎

・IT企業に就職して現場の経験を積む

⬇︎

・エンジニアとして今後の差別化を考えないといけない

と考えます。

スクールで同じような教材で同じように教育を受ければ、同じようなレベルのエンジニアが生まれます。

このエンジニアが仕事をとりにいくと、どうなるでしょう?

エンジニアの供給が多すぎて同じレベルのエンジニア同士で、仕事の奪い合いが始まります。

そもそも論として、エンジニアなりたての人は、現場の仕事はできません。

IT企業に就職する等で、現場の経験を積むしかありません。

そして現場で経験を積んでいくと、きっとこう考えるようになります。

「このままで良いのか?どうやって差別化して生き残れば良いのか?」と。


システムエンジニアを目指すならスクールに通う価値はない

check

スクールで学んでも現場で通用しないことが沢山あります。

私はIT業界の現役フリーランスです。

自分の経験を踏まえると、スクールにお金を払ってまで学ぶ価値があるとは思いません。

それは先の通り、スクールと現場には乖離があるためです。

スクールの収入源は、

・スクールの入会費

・スクール卒業生をIT企業に流してお金をもらう

の大きく2つです。

だから、就職サポート付という安心感(?)でエンジニアの卵を募集しているスクールが多くあります。

本気でシステムエンジニアになりたい人は、スクールに余分な時間とお金を払わず、さっさとIT企業に就職してしまう方が早いです。

もちろん、テスターにならないように注意してくださいね。

テスターについては、こちらを参照


最後に

今回、現役のシステムエンジニアから見た、「エンジニア」に関する情報を掲載しました。

「良かったな」と思う点があれば、みなさんの現場でも活用してください。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。