【システム開発とは】発注側と受注側の協力が不可欠

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・発注側は仕事を投げて終わりじゃない

・受注側は提案して開発を進める

・発注側と受注側の連携を大切に


発注側は仕事を投げて終わりじゃない

check

発注側は、システム開発の委託先に対して、要件決めを始めとした舵取りが必要です。

発注側が委託先に仕事を投げて何もしないと、PJは破綻します。

委託先に対して、やるべきことは沢山あります。

例えば、

・システムの仕様を伝える

・開発における疑問点を確認する

・スケジュールを確認する

・委託先からの問合せに答える

など、です。

発注側と言えども、仕事をお願いする側です。

委託先と協力する姿勢と対応が求められます。


受注側は提案して開発を進める

check

受注側は、システム開発における疑問点や改善点があれば、自ら確認する姿勢をとりましょう。

受注側だからと言って受け身の姿勢ではダメです。

積極的な姿勢が大切です。

システム開発における疑問点や改善点があれば、発注側に質問または提案する姿勢が大切です。

私が現場を経験する限り、システム開発は、受注側にかかっていると言っても過言ではありません。

(発注側は自社のタスクに追われて、PJを舵取りできないケースがほとんどです)


発注側と受注側の連携を大切に

check

システム開発では発注側と受注側の連携が大切です。

一緒にシステムを作り上げる姿勢が大事です。

発注側、受注側それぞれのやるべきことを行い、協力してシステム開発を進めましょう。

両者の協力があってこそ、スピード感をもってシステム開発を進めることができます。

両者の意見がぶつかることもありますが、相手を思いやる建設的な対応を忘れないようにしてください。