【エンジニアとは】差別化戦略「話せるエンジニア」は必須

自己紹介

フリーランスのシステムエンジニア

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


みなさんへメッセージ

大手企業や中小企業でシステムエンジニアをしてきた経験者として、これまでの知見を踏まえ、「エンジニア」に関する情報を掲載します。

これからエンジニアを目指す人。

最近エンジニアになったばかりの人。

このようなエンジニアの卵の人に役立てば幸いです。


目次

・「話せるエンジニア」はなぜ強いのか?

・「話せるエンジニア」の重要性とは

・「話せるエンジニア」は意外と少ない


「話せるエンジニア」はなぜ強いのか?

check

主に、

・クライアントや周りのエンジニアへ迅速に情報共有できる

・会話を通じて、作業の疑問点や認識漏れに気付くことができる

といった強みがあります。

話すことが好きではない人に無理に話せとは言いません。

しかし、「話せるエンジニア」になることで、仕事におけるメリットは非常に多くある、と考えます。


「話せるエンジニア」の重要性とは

check

話せるエンジニアは、システム開発の重要なブリッジ役です。

システム開発では、要件定義やプログラミングなどの作業で疑問が湧くことが多々あります。

このような疑問点をスルーしたり、見落としたりすると、PJが進んだ後の思わぬところで問題になるケースがあります。

(例えば、要件定義漏れが後になって発覚するケースです)

話せるエンジニアがいれば、このような疑問点に気付いたり、周りのエンジニアで困っている人の疑問点を吸い上げて解決したり、広範囲に活躍します。

話せるエンジニアは、システム開発というチームプレイにおいて、非常に重要な立ち位置を担っています。


「話せるエンジニア」は意外と少ない

check

現場では、話せるエンジニアは少なく、言われた仕事を淡々と進めるエンジニアが多いです。

現場では任せられた仕事を淡々と進めるエンジニアが非常に多く、積極的に話すエンジニアは少ないです。

(性格による部分も大きいとは思いますが)

「話せるエンジニア」がもっている、仕事に必要な情報を共有したり吸い上げるスキルは大切です。

今後エンジニアとして活躍を目指す人は、参考として「話せるエンジニア」を目指してみてどうでしょうか。


最後に

今回、現役のシステムエンジニアから見た、「エンジニア」に関する情報を掲載しました。

「良かったな」と思う点があれば、みなさんの現場でも活用してください。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。