【準備】フリーランスになりたければ開発経験を積もう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・スキル面の準備とは?

・なぜ、実装の経験を積むのか?

・事前にある程度の実装経験を積もう


スキル面の準備とは?

check

システム開発の経験(主にプログラミングの実装経験)が必要です。

システム開発では、要件定義、設計、製造、テスト、リリースと各工程があります。

その中で、要になるのは「製造(プログラミングの実装経験)」です。

製造経験を積まないと、それ以外の工程に着手することができない=システム開発のスタート地点に立つことすらできません。


なぜ、実装の経験を積むのか?

check

要件定義、設計、テストなどの各工程において、実装面の観点を取り入れて、品質の良いシステムを作るためです。

実装の経験がないと、

・要件定義漏れ=見積不足でPJのコスト増大

・設計漏れ=システムの機能漏れ

・テスト漏れ=バグを見つけられない

など、システムの品質低下につながる様々な要因が生まれてしまいます。


事前にある程度の実装経験を積もう

check

目安として、最低2年間ほどの実装経験は積んでおこう。

まずは、PJを数回経験しましょう。

システム開発全体の流れや実装でやるべきことが見えてきます。

理想は「1人で作業を簡潔できる(必要な時は周囲に頼る)エンジニア」を目指しましょう。