【その他業務知識】設計書の内容を疑おう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・設計書に記載漏れはつきもの

・なぜ、設計書漏れがあるのか?

・設計書漏れを見つけたら、どうする?


設計書に記載漏れはつきもの

check

PJのスケジュールがきつかったり、単純なミスがあったり、記載漏れは都度発生します。

むしろ完璧な設計書の方が少ないくらいです。

記載漏れは当然だ、というスタンスで設計書に目を通しましょう。


なぜ、設計書漏れがあるのか?

check

主な理由は、

・設計の工程を楽しようとしたため

・単純な記載漏れ

によるものです。

PJのスケジュールがきつくて、急いでプログラムを作った結果、設計書の記載漏れが発生することが多いです。

要件定義→設計→製造と順番に各工程を実行すれば、基本的に設計書の記載漏れは発生しません。


設計書漏れを見つけたら、どうする?

check

周りに相談して修正しましょう。

設計書はクライアントへ納品する機会が多いです。

仮に、過去のリリース内容に関する記載漏れを見つけても、設計書に反映させるべきです。

設計書は、システムの仕様を記載するエビデンスです。

設計書の記載漏れに気が付いたら、積極的に修正をしましょう。