【営業】営業代行会社の知り合いをつくろう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・営業代行会社とは?

・営業代行会社を利用するメリットとは?

・営業代行会社の見極め方とは?

・営業代行会社の知り合いをつくろう


営業代行会社とは?

check

営業して案件を紹介してくれる会社です。

フリーランスで案件をとるには、

・自分で営業するか

・営業代行会社に営業をお願いするか

の2パターンがあります。

営業代行会社を利用する流れは、転職エージェントと似ています。

主な流れは、

・営業代行会社に案件を紹介してもらう

・興味があれば面会する

・双方の合意があれば案件着手

となります。


営業代行会社を利用するメリットとは?

check

自分の代わりに営業してもらえることです。

まだクライアントとコネクションがない場合は、営業代行会社を利用して案件を持ってきてもらいましょう。


営業代行会社の見極め方とは?

check

・営業力

・スピード感

・クライアント

に近いポジションが関わってきます。

営業代行会社の営業力とスピード感は必須です。

案件が決まる確率やスピードが大きく関わるからです。

なお、クライアントの案件が自分に来るまでに、間に複数の会社が存在する場合があります。

クライアントから遠い程、各社にマージン(仲介手数料)を取られてしまいますので、ご注意を。


営業代行会社の知り合いをつくろう

check

いくつかの営業代行会社とコネクションを作りましょう。

営業代行会社も様々です。

扱っている案件が異なるケースもあります。

いくつかの会社と知り合っておけば、多くの案件の話が流れてきやすいです。

フリーランスになった場合は、営業代行会社を活用するのも選択肢の一つです。