【準備】フリーランスになる前のチェックポイント

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・チェック①継続して案件をとれるか?

・チェック②確定申告など税金対策をとったか?

・チェック③仕事内容はどのような内容か?

・フリーランスの世界にようこそ


チェック①継続して案件をとれるか?

check

フリーランスになって案件を継続的に受注できるよう体制をつくりましょう。

フリーランスで一番避けるのは、仕事0な状態です。

フリーランスは、正社員のように仕事が必ず発生するわけではありません。

継続的に案件に参加できるような体制を整える必要があります。

そこで、フリーランスになる前に、自分の中で一度考えてみましょう。

案件を継続的に受注するために、

・自分で営業するのか?(継続的に営業するのか?)

・自分以外の人に営業してもらえないのか?(代わりに費用がかかるのでは?)

など、やり方はさまざまです。

案件受注の方針を決めて、フリーランスになっても継続的に案件を獲得できるように、体制を整えておきましょう。

個人的には、営業代行会社を使うことをオススメします。


チェック②確定申告など税金対策をとったか?

check

フリーランスで確定申告をするための体制をつくりましょう。

フリーランスは確定申告が必要です。

確定申告をするために、

・自分で確定申告するのか?(どのくらい時間をかけて精度の高い申告ができるか?)

・自分以外の人に確定申告をお願いできないか?(費用はどのくらいか?)

と、やり方はさまざまです。

個人的には、確定申告を外部委託することをオススメします。

理由は、費用対効果が高いからです。(差し戻しの可能性も低いですし)

ただし、完全に丸投げせず、委託先にツッコミができるように、ある程度は税金の勉強をしておきましょう。


チェック③仕事内容はどのような内容か?

check

フリーランスになっても、やっていける仕事内容なのか考えましょう。

同じ業界で正社員からフリーランスへ転職する場合でも、同様です。

今後も仕事内容で、やっていけそうか考えてみましょう。

やっていけそうなら問題なしです。


フリーランスの世界にようこそ

check

自分で売上をあげて、確定申告をして、自由に時間を使える世界へようこそ。

フリーランスは正社員よりも制約が少なく、自由度の高い世界です。

その分、自分で学ぶことがたくさんあります。

・仕事を継続的に受注するための知識

・税金関連の知識

・融資や助成金などの制度に関する知識

学ぶが必要です。

フリーランスは、自分で学んで行動した分だけ、自分に跳ね返ってくる世界です。

常に学ぶ姿勢がある人にはオススメの世界です。