【プログラミングの考え方】完成形をイメージしよう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・なぜ、プログラム(完成形)をイメージするのか?

・プログラム(完成形)をイメージするコツとは?


なぜ、プログラム(完成形)をイメージするのか?

check

・プログラムの処理の流れやデータの持ち方を確認できる

・設計漏れを確認できる

からです。

プログラミングをする前に、プログラムの完成形をイメージしましょう。

イメージできていない部分があれば、確認が必要です。

どのような処理の流れで、どのようなデータを持つのか理解しないとプログラミングは出来ません。

設計書の意図に沿ったプログラムを作ることも出来ません。

意図を理解しないままプログラミングしても、後でテストして、バグ扱いになって、修正する流れになります。

このような出戻りを防ぐためにも、先にプログラムの完成形をイメージすることは大切です。

完成形をイメージする中で、設計書の記載漏れや不備に気付くこともあるでしょう。

その場合は、周りの人に確認を行いましょう。


プログラム(完成形)をイメージするコツとは?

check

不明点の洗い出しを行うことです。

先の通り、プログラミングでは、プログラムの処理の流れやデータの持ち方を理解することが重要です。

実際のPJでは、設計書に記載がなく、不明な部分もたくさんあるでしょう。

プログラミングしてから気付く不明点もたくさんあるでしょう。

プログラムの完成形をイメージするためには、不明点を1つ1つ明確にすることが大事です。

地道な作業ですが、絶対に楽をしてはいけない作業です。