【その他業務知識】チームのキーパーソンを握ろう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・キーパーソンを握る理由とは?

・キーパーソンの見分け方とは?

・PJに参加したらキーパーソンを探そう


キーパーソンを握る理由とは?

check

キーパーソンを握ること=自分の作業効率を上げることです。

キーパーソンは、現行システムの知見をたくさん持っていることが多いです。

自分が作業に困った時に、キーパーソンから役立つ情報を吸い上げることができます。


キーパーソンの見分け方とは?

check

現行システムの知見があるか、で判断します。

キーパーソンは、システムに関する知見が多いです。

そのため、打ち合わせの発言で影響力があります。

例えば、

・クライアントと打ち合わせでシステムの仕様を細かく説明して納得させる

・チーム内でシステムの仕様に関する質問を回答できる

等があります。

このように、現行システムの知見がどれだけあるかによって、キーパーソンを見分けやすくなります。


PJに参加したらキーパーソンを探そう

check

できるだけ早く、キーパーソンを見つけましょう。

PJに参加した時は、PJの関連資料を読むことが大事です。

PJに参加した時にとるべき行動については、こちら

それと同時に、今後の作業効率を上げるため、キーパーソンを探すことも大事です。