【その他業務知識】PJに参加したら資料を読む癖をつけよう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・なぜ、PJの資料を読むのか?

・どのような設計書を読むのか?

・どのようなPJ関連資料を読むのか?


なぜ、PJの資料を読むのか?

check

主な目的は、

・現行のシステム仕様を理解

・PJの現状把握

です。

システム開発は、システムの仕様を理解しないと何も始まりません。

自分の担当が、要件定義やプログラミングであろうと関係ありません。

PJに参加したら、まずは設計書を読みあさって、システムの仕様を理解しましょう。

さらに、PJの現状把握もできればベストです。

いつまでに何をやらなければならないか、PJの全体像を捉えると、スケジュール感や各自の担当など理解が進みます。


どのような設計書を読むのか?

check

主に設計書の

・画面遷移図

・画面項目定義書

・データベース設計書

・詳細処理(プログラム処理)が書かれた資料

・API設計書

です。

これらの資料に目を通して、システムの仕様理解に努めましょう。

たまに設計書が最新化されていない場合もあります。

その際は、周りの人にシステムの仕様を知っているか確認しましょう。

合わせて設計書を更新してあげましょう。


どのようなPJ関連資料を読むのか?

check

主なPJ関連資料は、WBSです。

WBSは、PJのスケジュール表です。

WBSで進捗管理も行うため、WBSを見るとPJの全体像が理解できます。

設計書の各資料と合わせてWBSもチェックしましょう。