【プログラミングの考え方】プログラムの可読性をあげよう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・可読性とは何か?

・可読性をあげる理由とは?

・読みやすいプログラムを書こう


可読性とは何か?

check

プログラムの読みやすさ、です。

プログラムにコメントを書いたり。

どのようなデータを持つのか、変数名を分かりやすくしたり。

可読性を上げる方法は様々です。


可読性をあげる理由とは?

check

後任担当者がプログラムを理解しやすくするため、です。

システム開発のPJが終了するまで担当者が一貫して関わることは少ないです。

担当者が入れ替わりでプログラム改修をすることが多いです。

このような場合に、後任担当者がプログラムを理解できないと、バグが生まれる可能性が高くなります。

プログラムの可読性を上げる=プログラムを理解してバグを減らすことに繋がります。


読みやすいプログラムを書こう

check

初心者が理解できるくらい、分かりやすいプログラムを書きましょう。

理解できてないけれどプログラムが動いたからコレでいいや。。。。

といったプログラミングは絶対やめましょう。

後任担当者がその訳の分からないプログラムを引き継ぐことになり、バグの発生に繋がります。

プログラミングの時は、思いやりを持ってプログラムを書きましょう。