【受入テストの考え方】バグなのかシステム仕様なのか判断しよう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・受入テストとは何か?

・どのようにテストをするのか?

・バグなのかシステム仕様なのか判断しよう


受入テストとは何か?

check

発注側が納品されたシステムを確認するテストです。

発注側は納品されたシステムに対して、

・システムが仕様通りに動くか

・バグがないか

をチェックします。

受注側からすると、この受入テストでOKがでれば無事納品が完了するため、緊張感のあるテストとなります。


どのようにテストをするのか?

check

発注側が総動員してテストをします。

総合テストと同じレベルでテストして、システムの仕様確認を行います。

発注側のシステム部門やそうでない部門も含めて、一定期間の内にテストをします。


バグなのかシステム仕様なのか判断しよう

check

発注側と受注側は双方で、バグなのかシステム仕様なのか、判断することが大事です。

受入テストでは、発注側がシステム仕様を忘れてしまい、受注側にバグ報告として連絡してしまうことがあります。

この時、受注側は要件定義や設計の資料を使い、バグ報告の内容がシステム仕様なのか又は本当にバグなのか、切り分けることが大事です。

また、発注側は社内で挙ったバグ報告を確認して、システム仕様なのか本当にバグなのか判断して、受注側へ連絡することが大切です。