【総合テストの考え方】バグがある前提でテストしよう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・総合テストとは何か?

・どのようにテストをするのか?

・バグがある前提でテストしよう


総合テストとは何か?

check

総合テストは、ユーザー目線で行うテストです。

システムの基本的な機能を全体的にチェックしていきます。

単体テストのように細かいレベルのチェックはしません。

あくまでユーザーの目線でシステムを触ってバグがないかチェックします。


どのようにテストをするのか?

check

総合テストは、テスターやPJ管理者が実施します。

実際にシステムを触って、アカウント登録や検索などそれぞれの機能を確認します。

総合テストは、受入テスト前の最後のテストです。

受入テストについては、こちら

そのため、受注側のPJ管理者もテストして最終チェックをすることがあります。


バグがある前提でテストしよう

check

総合テストでもバグはあると思いながら、テストしましょう。

単体テスト→結合テスト→総合テストと進めてきた場合は、正直、総合テストでバグが見つかることは中々ありません。

しかし、テストをする以上、バグはあるかもしれないと思いながら、実施しましょう。

思わぬところで発見することがあります。