【結合テストの考え方】潜在的なバグを見つけておこう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・結合テストとは何か?

・どのようにテストをするのか?

・潜在的なバグを見つけておこう


結合テストとは何か?

check

結合テストは、画面連携をチェックするテストです。

例えば、

・入力画面→入力確認画面のデータの受け渡し

・検索一覧画面→詳細画面のデータの受け渡し

などが挙げられます。

結合テストでは、複数の画面できちんとデータ連携ができているかチェックします。


どのようにテストをするのか?

check

結合テストは、プログラマー以外の人が実施します。

複数画面でのデータ連携をチェックするため、イレギュラーなテストもします。

結合テストは、プログラム内部のテストはしないため、プログラマー以外の人がテストします。

多くの場合は、テスターが実施します。

テスターについては、こちらを参照

結合テストのイレギュラーなテストは、

・ブラウザの画面を閉じる

・ブラウザバックを使う

など、本来意図しない使い方です。

このようなテストも実施して、複数画面でデータ連携が正しく動くのか確認します。


潜在的なバグを見つけておこう

check

結合テストは、単体テストよりも見つかりにくいバグがあります。

出来る限りイレギュラーなテストを実施して、プログラムのバグを洗い出すことが大切です。