【エンジニアとは】大前提の知識「フロントエンドとバックエンドの違い」

自己紹介

フリーランスのシステムエンジニア

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


みなさんへメッセージ

大手企業や中小企業でシステムエンジニアをしてきた経験者として、これまでの知見を踏まえ、「エンジニア」に関する情報を掲載します。

これからエンジニアを目指す人。

最近エンジニアになったばかりの人。

このようなエンジニアの卵の人に役立てば幸いです。


目次

・フロントエンドとは何か?

・バックエンドとは何か?

・フロントエンドとバックエンドはどちらが良いのか?


フロントエンドとは何か?

check

WEBサイトのデザインなど、ユーザーに見える表側の部分のことです。

担当するエンジニアを「フロントエンドエンジニア」と呼びます。

フロントエンドの担当範囲は、

・WEBサイトのデザイン

・アラート(注意喚起)のメッセージ

などWEBサイトの表部分をつくることです。

フロントエンドで主に使用するスキルは、

・HTML

・CSS

・JavaScript

です。

フロントエンドは、WEBデザイナーと非常に似ている仕事です。

しかし、フロントエンドエンジニアは基本的にデザインをすることはないです。

チームのWEBデザイナーが作成したWEBデザインに沿って、WEBサイトとして作り込んでいくことが仕事です。


バックエンドとは何か?

check

WEBサイトのボタン押下時の処理など、ユーザーに見えない裏の部分のことです。

担当するエンジニアを「バックエンドエンジニア」と呼びます。

バックエンドの担当範囲は、

・ボタン押下時の処理

・データベースとの連携処理

などWEBサイトの裏側をつくることです。

バックエンドで主に使用するスキルは、

・Java

・PHP

・Ruby

などの各種プログラミング言語です。

それに加えて、データベースの知見も必要になります。

例えば、

・ORACLE

・MySQL

・PostgreSQL

などのデータベースです。

バックエンドは、フロントエンドとは大きく異なり、プログラムのデータや処理の流れに着目しなければなりません。

論理的な思考が好きな人にオススメです。


フロントエンドとバックエンドはどちらが良いのか?

check

個人的に、フロントエンドとバックエンドの両方出来る方が良いと考えます。

システムエンジニアは、WEBサイトのシステム開発において、幅広い仕事を担当します。

もちろん、プログラミングする時も同様です。

「フロントエンドしかできない。。。。」

「バックエンドしかできない。。。。」

とならないように、両方できる方が良いです。

フロントエンドとバックエンドは1つのシステムとして繋がっている部分があります。

例えば、WEBサイトのある画面のボタンをフロントエンドが作って、ボタン押下後の処理をバックエンドが作る、といった具合でシステム開発は進みます。

両方とも出来る方が、仕事の幅も広がりますし、尚且つ、相手を思いやった仕事をすることができます。


最後に

今回、現役のシステムエンジニアから見た、「エンジニア」に関する情報を掲載しました。

「良かったな」と思う点があれば、みなさんの現場でも活用してください。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。