【発注側・受注側とは】システム開発のステークホルダーを把握しよう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・システム開発のステークホルダーとは?

・だれが、儲かりやすいのか?

・受注側(二次請け以降)はどうなのか?


システム開発のステークホルダーとは?

システム開発のステークホルダー(利害関係者)には、発注側と受注側がいます。

check

実際のところ、システムの開発規模に合わせて多くの人を集めるため

・発注側=システム開発を外注する

・受注側(一次請け)=主に発注側とやりとりする

・受注側(二次請け)=一次請けから開発の仕事をもらう

・受注側(三次請け)=二次請けから開発の仕事をもらう

とステークホルダーが多くなりやすい状況です。


だれが、儲かりやすいのか?

check

発注側または受注側(一次請け)が儲かる傾向があります。

受注側は一次請け>二次請け>三次請けと、外注されるほど利益が中抜きされます。

そのため、下流(発注側から遠のく)になるほど利益が少ない傾向があります。

逆に、上流(発注側に近づく)になるほど利益が残りやすく、社員の給与も潤う傾向があります。


受注側(二次請け以降)はどうなのか?

check

設計、製造、テストの経験を積みたい人は、受注側(二次請け以降)がオススメ。

ただし、上流にスケジュールを振り回される可能性が高いため、労働環境に気を付けること。

プログラミングの経験を活かして製造経験を積むならば、受注側(二次請け以降)は良い環境が整っている。

しかし、ステークホルダーの関係上、システムの仕様を決める上流によってスケジュールを振り回される可能性が高い。

事前に労働環境を見極めた上で、受注側(二次請け以降)で経験を積むことが大事です。