【システム開発とは】システム開発の流れを理解しよう

自己紹介

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


目次

・システム開発とは何か?

・システム開発の流れとは?

・システム開発の方針とは?


システム開発とは何か?

check

システム開発は、システムの新規構築または機能改修を行うことです。

主に、

・一般ユーザー向けのWEBサイト(大手求人サイトなど)

・社内向けの管理サイト(勤怠管理システムなど)

などのシステムを担当します。


システム開発の流れとは?

check

システム開発は、

・要件定義(システムの仕様を決める)

・設計(基本設計でシステムの大枠を決めて、詳細設計で細かいロジックを決める)

・製造(設計書に沿ってプログラミングでシステムを作成)

・テスト(システムが仕様に沿っているかチェック)

・リリース(クライアントへシステムを公開する)

の流れで進めます。

また、一部の工程について

・上流工程=要件定義などの工程(システムの仕様を決める工程)

・下流工程=製造やテスト(システムを作成する工程)

と呼ばれることがあります。


システム開発の方針とは?

check

システム開発の方針は大きく2つあります。

・ウォーターフォール(要件定義~リリースまでの流れを上から順番に1回ずつこなす方針)

・アジャイル(要件定義→設計→製造→テスト→要件定義→・・・とサイクルを繰り返す方針)

システム開発は基本的にウォーターフォールで進めます。

しかし、システムの仕様がなかなか決まらないため、アジャイルで進めることもあります。