【エンジニアとは】大前提の知識「システムエンジニアとは何か」

自己紹介

フリーランスのシステムエンジニア

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


みなさんへメッセージ

大手企業や中小企業でシステムエンジニアをしてきた経験者として、これまでの知見を踏まえ、「エンジニア」に関する情報を掲載します。

これからエンジニアを目指す人。

最近エンジニアになったばかりの人。

このようなエンジニアの卵の人に役立てば幸いです。


目次

・エンジニアとは何か?

・システムエンジニアはどういう仕事をするのか?

・よくある間違い「システムエンジニアとプログラマーの違い」とは何か?


エンジニアとは何か?

check

「エンジニア」の中には

・システムエンジニア=システムの開発に携わる人

・インフラエンジニア=サーバなどシステムのインフラ部分を構築する人

など、色々な種類のエンジニアがいます。

「エンジニア」という言葉はあくまで総称です。

基本は、「システムエンジニア」または「インフラエンジニア」を指すことが多いです。

みなさんが興味を持っている「エンジニア」はどのタイプのエンジニアを指しているのか、しっかり把握することが大事です。


システムエンジニアはどういう仕事をするのか?

check

システムエンジニアは、システム開発に関わる仕事をします。

システム開発は、

・要件定義(システムの要件を決める)

・設計(システムの設計を行う)

・製造(プログラミングをつかってシステムをつくる)

・テスト(システムが仕様に沿っているかテストする)

・リリース(テストしたシステムを公開する)

といった工程があります。

これらの工程に関わるエンジニアを「システムエンジニア」と呼びます。


よくある間違い「システムエンジニアとプログラマーの違い」とは何か?

check

・システムエンジニア=システム開発の各工程に携わる人

・プログラマー=システム開発の製造(プログラミング)をする人

という違いがあります。

システムエンジニアは、要件定義〜リリースまで幅広く対応しますが、プログラマーは製造をメインに対応します。

システム開発で担当する工程によって、「システムエンジニア」と呼んだり「プログラマー」と呼んだりします。

なお、システム開発のテストをメインに対応する人を「テスター」と呼びます。


最後に

今回、現役のシステムエンジニアから見た、「エンジニア」に関する情報を掲載しました。

「良かったな」と思う点があれば、みなさんの現場でも活用してください。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。