【要件定義の考え方】影響範囲を把握しないとシステム開発は失敗する

自己紹介

フリーランスのシステムエンジニア

TANAKA SYUHEI

IT業界10年目のシステムエンジニアです。

IT系中堅企業→大手企業→大手企業と転職を繰り返し、現在はフリーランスのシステムエンジニアとして活動中です。

システムエンジニア未経験者の講師もしています。

自分がIT業界に未経験で入った時、こんなことを知っていたら良かったな的な情報を掲載します。

これからエンジニアやフリーランスを目指す人に役立てば幸いです。


みなさんへメッセージ

大手企業や中小企業で要件定義をしてきた経験者として、これまでの失敗経験を踏まえ、改善提案(アドバイスや考え方)を掲載します。

これから要件定義を始める人。

既に要件定義をしている人。

このようなエンジニアに役立てば幸いです。


目次

・なぜ、要件定義で影響範囲を把握することが大事なのか?

・要件定義の影響範囲とは何か?

・どうやって、要件定義で影響範囲を把握するのか?


なぜ、要件定義で影響範囲を把握することが大事なのか?

check
要件定義で影響範囲を把握しておかないと

・システムに想定外の実装がされて、思いもよらない仕様変更が発生する

・システムに致命的なバグが発生する

・運用フローに支障が発生する

といったトラブルが多発します。

システム開発や運用フローにおける致命的なトラブルを回避するため、要件定義で影響範囲を把握することはとても大事です。


要件定義の影響範囲とは何か?

check

要件定義で把握すべき影響範囲は、主に

・現行システム(プログラムやデータベース)への影響

・運用フローへの影響

です。

システム開発は、新規でシステムを作成したり、現行システムへ機能追加や改修を行うなど、様々な要件があります。

システムエンジニアは、これらの要件に合わせて、影響範囲を考慮した上で要件定義をすることが大切です。


どうやって、要件定義で影響範囲を把握するのか?

check

主に、

・現行システムのプログラムを理解する=現行システムへの影響範囲を把握する

・システム開発を外注する場合は、外注先と綿密な打ち合わせをする=現行システムへの影響範囲を把握する

・運用担当者と話をして運用フローへの影響がないか確認する=運用フローの影響範囲を把握する

といった方法があります。

システム開発の受注を行っている人であれば、自分でプログラムを調査して影響範囲を把握することができます。

システム開発の発注を行っている人であれば、外注先と認識を擦り合わせることで現行システムへの影響範囲を把握することができます。

自分の立場に合わせて出来ることはたくさんあります。


最後に

今回、要件定義に関する現場レベルの情報を掲載しました。

「良かったな」と思う点があれば、みなさんの現場でも活用してください。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。